スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)

 ビートルズやボブ・ディランら欧米のベテランロッカーやミュージシャンの特集記事で人気の老舗月刊音楽誌「レコード・コレクターズ」が、主要読者層の高齢化を受け、4月15日発売の5月号から活字を現在より約10%大きくすることが2日、分かった。「字が細かくて読みにくい」との読者からの要望に応えたという。かつて若者文化の象徴だったロック音楽だが、時の流れには逆らえない?!

 同誌は昭和57(1982)年にミュージック・マガジン社が創刊した。公称発行部数は約15万部。約10年前から、読者ニーズの取り込みに力を入れるため毎年12月号にアンケートはがきを付け、翌年の2月号に読者が選ぶ「再発CD年間ベスト20」や同誌への意見を掲載するなど活用してきた。

 ここ数年、アンケートはがきを送ってくる熱心な読者のほとんどが50代半ば以上で、「字が小さくて読みにくいので大きくしてほしい」という要望が編集部に多数寄せられたという。編集部内で協議した結果、5月号から文字の拡大など大幅な誌面刷新の実施に踏み切ることにした。

 同誌の寺田正典編集長(47)は「編集部内では文字拡大による情報量減少を危惧(きぐ)する声もあったが、レイアウトに工夫を凝らし、減少は最小限にとどめた。実は私自身も最近、老眼鏡をかけて編集作業をしていることも影響しています」と話す。

 今回の同誌の刷新には、若者の洋楽離れやネットの普及による活字離れの影響もうかがえるが、寺田編集長は「ロック音楽が真に革新的で多くの人をひきつけたのは1980年代半ばまでで、そのころにファンだった若者がロック音楽とともに年を重ねている。読者の高齢化は避けられないが、若い世代にも親しめるようなメディアをめざしたい」と意気込んでいる。

 出版科学研究所(東京)の佐々木利春・主任研究員(59)の話「若者の情報源が雑誌からネットに移った昨今、雑誌の読者の平均年齢はどんどん上がっている。今後、若者向けの雑誌は成立しにくい。レココレのような読者の高齢化にきっちり応える取り組みは今後増えていくのでは」

<長官狙撃事件>アレフが削除求める 警視庁の捜査結果概要(毎日新聞)
中3女子、大麻所持で逮捕=制服のポケットに-兵庫県警(時事通信)
医師国家試験に7538人合格=合格率89.2%-厚労省(時事通信)
官邸報道室の金澤調査官が退職=9内閣見守る(時事通信)
<ヤギ>左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)

「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)

 近畿地方は30日、上空に寒気が流れ込んだ影響で、奈良市で朝の気温がマイナス1・4度を記録するなど冬のような冷え込みに。山間部では雪が舞い、滋賀県の比叡山は雪に覆われた。

 大阪管区気象台によると、近畿各地の同日朝の気温は神戸市1・6度▽和歌山市2・3度▽大阪市2・4度。2月上旬~3月上旬並みの寒さとなった。

「若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏(読売新聞)
20人分の略式命令を破棄 赤切符ミスで最高裁(産経新聞)
認知症の女性に7000万円分販売=そごう社員が貴金属など-広島・呉(時事通信)
<中国毒ギョーザ>「殺虫剤3回混入」…詳細供述で逮捕(毎日新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)

旭山動物園 名誉園長が退任 全国区人気の立役者(毎日新聞)

 動物本来の行動や能力を見せる「行動展示」で知られる北海道旭川市の旭山動物園の名誉園長、小菅正夫さん(61)が3月末で名誉園長を退任する。同園の知名度を全国区に押し上げた立役者で、今後は全国の動物園へのアドバイスや執筆活動などに取り組むという。

 小菅さんは73年に同園の飼育係となり、95年に園長に就任した。当時は入場者が減少し、閉園の危機に陥っていたが、行動展示の導入などで人気を集め、全国2位の入園者数を誇る動物園にした。09年3月の定年退職後は、市の非常勤特別職の名誉園長として、同園のPR役を担ってきた。

 退任の契機は昨年夏のケニア訪問。小菅さんは「40年近く海外で野生動物を見る機会がなかった。肉食動物のそばで悠然と暮らす草食動物など、野生の動きは自分の頭の中と違っていた。

 いつまでも旭山に残るのではなく違う展開があるとの思いが強くなった」と、年末に退任を決めた。

 日本動物園水族館協会副会長も退き、37年ぶりに組織を離れてフリーの立場になる小菅さん。「ただの小菅になるが、染色体による性別判定や動物の飼育や扱い方の指導など自分ができることは増えた。日本中の動物園にアドバイスできれば」と意欲は衰えない。「ホッキョクグマやアジアゾウの生息地や高校時代から行きたかった南米最南端の島も訪れてみたい」と笑顔を見せた。【横田信行】

EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
市民に差し止め請求権なし=NHKへの拉致問題放送要請-大阪地裁(時事通信)
<がん検診>受診率向上訴える 都内でフォーラム(毎日新聞)
<茨城空港>アシアナ航空機がオーバーラン(毎日新聞)
<高校無償化>朝鮮学校の結論は夏ごろに 川端文科相(毎日新聞)

参院選「民主単独過半数は期待せず」(産経新聞)

 夏の参院選で民主党による単独過半数獲得を期待しないとの回答が58・5%を占め、「期待する」の32・3%を大きく上回った。無党派層でも73・6%に達しており、単独過半数を目指す民主党には、厳しい局面となってきた。

 参院選比例代表での投票先でも「逆風」は数字に表れた。「民主党」という回答は前回から7・6ポイントも急落。昨夏衆院選の勢いは完全に消えた。そんな中で支持を集めたのがみんなの党。投票先として10・0%(同5・4ポイント増)が名前を挙げた。

 民主党の政党支持率は25・4%と、政権交代後、初めて2割台に落ち込んだ。女性の民主党離れは続いているが、30、40、50代、60歳以上の男性からの支持は厚かった。

 自民党への政党支持率は野党転落後は2割弱で推移。今回も18・8%と党勢回復はみえない。20代の男女、40代の女性の支持が目立った。一方で、みんなの党は6・9%と、初めて7%近い政党支持を得た。民主党支持層でも3・5%が参院選比例代表でみんなの党に投票すると回答するなど党勢伸長がみえる。

【関連記事】
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も
あるか政権浮揚策、カギ握る仕分け、普天間移設
次期首相のトップは舛添氏
世論調査 主な質問と回答
20年後、日本はありますか?

「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
<皇太子ご一家>長野で静養 愛子さま春休み(毎日新聞)
神戸淡路鳴門道でトンネル事故、2車線通行規制(読売新聞)
<明石歩道橋事故>遺族「補充捜査を」 要望書を提出(毎日新聞)
<交通事故>練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉(毎日新聞)

水俣病救済案、被害者団体が初の受け入れ決定(読売新聞)

 水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病被害者芦北の会(熊本県津奈木町、約300人)は22日、被害者救済法に基づいて国が提示した救済案を受諾することを正式に決めた。

 被害者団体が救済案受け入れを正式決定したのは初めて。

 同会に対する救済案にはなかった、団体の活動経費などとして求めている団体加算金については、村上喜治会長に対応を一任した。同会は裁判を起こさず、法による救済を求めている。

 一方、裁判を起こしている水俣病不知火患者会(同県水俣市)は28日の原告団総会で受け入れについて最終決定する。

 国の救済案は〈1〉1人当たりの一時金210万円〈2〉毎月の療養手当最高1万7700円――などが柱。国と患者会側との和解協議で、熊本地裁が示した和解案(所見)と同額になっている。

<労働時間>有休取得率に目標 ガイドライン改正(毎日新聞)
プリウス事故「ブレーキ不具合なし」と千葉県警(読売新聞)
DNA誤データで別人に逮捕状=捜索実施、人為ミスか-神奈川県警(時事通信)
梅 偕楽園の3000本が満開 水戸(毎日新聞)
<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。